令和2年度第5回人権学習講座のご案内

三宅町では、地域における人権問題について町民の皆さんとともに学び、考え、家庭や地域に発信することによって「あらゆる差別を許さないまちづくり」を目指しています。令和2年度は、全5回の人権学習講座を予定しております。

第5回の地域人権学習講座は、カンボジアにて貧困層の子ども達の支援を行っている古川沙樹さんと中尾将也さんを講師に迎え、カンボジアの子ども達のおかれている状況についてお話していただきます。講師の古川沙樹さんは、現地のカンボジアにおられるためリモートでの講演となります。様々な困難を乗り越えながらも明るく、元気よく生きようとする子ども達を支えている古川さん達の活動から学んでいきたいと思います。是非多くのご参加をお待ちしています。

NPOサンタピアップのメンバーと支援を続ける学校にて

第5回人権学習講座

  • テーマ:「カンボジアからの風」-子供支援の現場から
  • とき:令和2年11月17日(火曜日)13時30分~15時30分
  • 場所:三宅町中央公民館1階集会室
  • 講師:古川沙樹さん(NPO法人サンタピアップ代表)
  • 中尾将也さん(NPO法人サンタピアップ副代表)

【講師紹介】

古川沙樹さん

1984年三宅町で生まれ、2007年花園大学社会福祉学部(福祉心理学科)卒業後、精神保健福祉士として就職した。しかし、18歳で訪れたカンボジア「子どもの家」での衝撃が忘れられず、2009年から4年間スタッフとして活動。2013年に現地旅行会社に就職、同年大学時代の友人達とともにNPO法人サンタピアップ(カンボジア語で平和)を設立。活動拠点はカンボジアとタイとの国境の町ポイペト。貧困層の子ども達の就学支援、学校への支援を続けている。2017年6月には新しい事業としてカンボジア料理と日本料理の店「国境食堂HARU」をオープンするなどの活動を続けている。

中尾将也さん

1984年京都生まれ、2003年花園大学社会福祉学科入学。

2005年古川沙樹さんとともにカンボジアを訪れ、帰国後カンボジアに関わる活動開始。卒業後は、京都市児童養護施設へ就職。2013年NP0法人サンタピアップを設立し、副代表を務める。

地図

お問い合わせ先:社会教育課