下限面積(別段の面積)の設定について

農地を売買・贈与・賃借等する場合は、農地法にもとづき、農業委員会の許可を受ける必要があります。

許可要件の一つに、許可後の耕作面積が50アール以上であること(下限面積要件)がありますが、地域の実情を踏まえて、農業委員会が「別段の面積」を設定し、下限面積を引き下げることができます。

また、農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定や修正の必要性について審議することとなっており、平成31年3月13日開催の総会において、現行の別段の面積20アールについて審議を行い、以下のとおり決定しました。

区域

三宅町全域

別段の面積

20アール(変更なし)

お問い合わせ先:産業管理課