~介護にふれるひとときを~ 映画『ケアニン』上映会 in MIYAKE

"認知症で人生終わりになんて、僕がさせない。"

2025年には全国で認知症を患う人の数が700万人を超えるといわれています。私たちの生活の中で、すでに認知症は決して「遠い話」ではなくなっています。

この映画は神奈川県藤沢市に実在する介護福祉事業所をはじめ、30カ所もの介護福祉施設、専門学校、関連団体の取材をもとに制作されました。介護現場で働くひとの姿を通して働くことの意味や、人と人、地域とのつながりの尊さが描かれています。いま現在どなたかの介護をされている方も、まだ介護の経験のない方も介護・福祉現場で働いている方も、これから目指す方も多くの方の心に響く作品です。

あらすじ

郊外にある小規模介護施設で働く新人の介護福祉士大森は、認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションがとれずに悩む日々が続いていた。初めてメインで担当することになった女性との関わりに試行錯誤しながら、先輩スタッフの協力もあり、徐々に関係性を深めていく。そして「なんとなく」で始めた介護の仕事に本気で向き合うようになっていくのだが・・・・

「ケアニン」=介護、看護、医療、リハビリなど、人の「ケア」に関わり、 自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている全ての人のこと

会場案内

【開催日時】2019年2月9日(土)

会場:12時30分

開演:13時00分

【開催場所】三宅町文化ホール (奈良県磯城郡三宅町大字伴堂689番地)

※駐車場には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。

【参加方法】入場無料(事前申込不要)

【その他】ゲスト出演:山国秀幸プロデューサー

関連資料

お問い合わせ先:長寿介護課