令和元年度第1回人権学習講座開講

三宅町では、地域における人権問題について町民の皆さんとともに学び、考え、家庭や地域に発信することによって「あらゆる差別を許さないまちづくり」を目指しています。令和元年度は、全6回の人権学習講座を予定しており、今回が最初となります。ぜひ多くの方と今年度も学んでいきたいと考えます。

第1回目の学習講座は、『「8050問題」ってご存じでしょうか?』と題して、引きこもりの長期化、高齢化にともなう問題について考えていきます。現在、報道等で話題になっている「8050問題」80代の親が50代の引きこもっている子どもの生活を支えていく中での様々な課題、生活困窮・病気・介護などで親子が共倒れになってしまうことがあります。高齢化社会をむかえている私たちにとっても決して無関係な問題ではありません。講師には、障がい者就労支援や成年後見人制度に精通しておられる行政書士の山口まゆみさんをむかえて学んでいきたいと思います。ぜひ多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

第1回人権学習講座

  • テーマ:「8050問題」ってご存じでしょうか?
  • とき:令和元年7月9日(火曜日)13時30分~15時頃
  • 集合:三宅町中央公民館2階大会議室(先着順)
  • 講師:行政書士山口まゆみさん

地図

関連資料

お問い合わせ先:社会教育課