【10月13日開催】 複合施設の図書室・本を考える「あるかもカフェvol.02」を開催します

開催概要 (参加費無料!)

複合施設の図書室をみんなで考える「あるかもカフェ vol.02」を開催します!

開催のテーマは、「住民がつくる楽しい図書室」です。

日本一の図書館に選ばれた長野県小布施町の町立図書館「まちとしょテラソ」の初代館長「花井裕一郎氏」をゲストに迎え、あなたの図書館イメージが変わる「まちと本の素敵な関係」について話し合ってみませんか?

あるかも02.jpg

日時 : 令和元年10月13日(日) 午後1時30分 ~ 午後4時

場所 : 中央公民館集会室

費用 : 無料

ゲスト: 花井裕一郎氏 (演出家)

プログラムの詳細・スケジュール

1.花井氏による話題提供「住民がつくる楽しい図書館」

フジテレビジョン、NHK、TBSにて番組演出を手掛けたのち、長野県小布施町に移住。小布施町の公立図書館「まちとしょテラソ」の初代館長に就任し、その図書館での企画や取り組みが評価され、日本一の図書館に選ばれました。

行政だけでなく、住民がにつくる図書館について、全国の図書館の取り組みを学びませんか?

【ゲストのご紹介】

花井裕一郎氏(演出家)

20年間、フジテレビジョン、NHK、TBSにて番組演出を手がけた後、まちづくりの勉強をするために、長野県小布施町へ移住し、小布施堂文化事業部長に就任。

その後、小布施町立図書館「まちとしょテラソ」の初代館長に任命され、館長を務める間に「死ぬまでに行きたい世界の図書館15」や「Library of the Year 2011」に選ばれました。

館長退任後、図書館をはじめとする公益文化施設のプロデュースやアドバイザー、まちづくりにおけるファシリテーターとして全国を飛び回わられています。

2.ワークショップ「みんなでつくり・育む三宅町の図書室を考える」(仮)

三宅町の図書室の本のセレクト、本を使った活動、本を使った人と人の交流など、複合施設の図書室がどんな図書室になったらいいなをみんなで考えてみましょう!

申込方法 【締切:10月7日(月)】

あるかもカフェvol.02への参加には、申し込みが必要となります。

参加希望の方は、10月7日までにお申し込みください。

なお、会場の空きがありましたら、当日のお申込もOKです。

1.申込フォームより申込みをする

こちらのリンクをクリックし、申込みフォームに必要事項を入力して申し込みを行ってください。

(外部リンク)「あるかもカフェvol.02 参加申し込み」

2.郵送・FAX・メールのいずれかの方法で申込みをする

下記の1~9を記入し、郵送・FAX・メールのいずれかの方法でお申し込みください。

案内チラシ兼申込用紙.pdf

  1. お名前・ふりがな
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. メールアドレス

※ メールでの応募は、件名に「10月13日あるかもカフェ参加」とご記入いただき、こちらのアドレスに送信してください。

※ 郵送・FAXの場合は、必要事項を記載してお申込みください。

送付先:〒636-0213

奈良県磯城郡三宅町伴堂689

三宅町役場政策推進課

FAX:0745-43-0922

※ お申し込みの際の個人情報は厳重に管理し、事業目的外の利用は行いません。

「あるかもカフェ」とは

複合施設ができたら、みんなのやりたいこと、楽しいこと、新しい出会い・繋がりなど、いろいろなことがあるかもしれない。ということを一緒に考えていく場として、「あるかもカフェ」を開催してます。

あるかもカフェ.jpg

今回は、「本」をテーマに開催します。

次回は、2月下旬に「食」をテーマに開催します。

関連コンテンツ

お問い合わせ先:政策推進課