「警戒レベル」を用いた避難勧告について

住民の皆様が発令された情報を直感的に理解し、早めの避難を開始できるよう、水害・土砂災害について、5段階の「警戒レベル」を用いた避難勧告(令和元年の出水期から)が全国的に開始されます。

警戒レベル 市民がとるべき行動 行動を促す情報
警戒レベル5

[命を守る最善の行動] 既に災害が発生しています。

命を守る最善の行動をしてください。

災害発生情報 ※災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令します。
警戒レベル4

[避難] 避難してください。

災害が発生するおそれが極めて高い状況です。立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと判断する場合には、近隣の安全な場所もしくは建物内のより安全な部屋へ移動するなど、緊急に避難をしてください。

避難勧告、避難指示(緊急)
警戒レベル3

[高齢者等は避難、他の方は準備]

避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者は避難を開始してください。その他の人は避難の準備をし、自発的に避難をしてください。

避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2

[避難行動の確認]

防災マップ等により災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミング等の再確認、避難情報の把握手段の再確認・注意など、避難に備え自らの避難行動を確認してください。

注意報
警戒レベル1

[心構えを高める]

防災気象情報等の最新情報に注意するなど、災害への心構えを高めてください。

早期注意情報 (警報級の可能性)

町は、さまざまな情報を基に、避難情報の発令を判断するため、必ずしも防災・気象情報と同じレベルの避難情報が、同時に発令されるわけではありません。

このため、「自分の命は、自分で守る」意識を持ち、ご自身で防災・気象情報を参考にしながら、適切かつ早めの避難行動をとってください。

さらに詳細な説明については、関連資料をご参照ください。

関連資料

お問い合わせ先:総務課