防災重点ため池マップ

平成30年7月豪雨により、多くの農業用ため池が被災し甚大な被害が発生したことを受け、国において、平成30年11月に防災重点ため池の選定基準が見直されました。

このことから、避難時の迅速な状況把握や避難行為につなげる基礎的な情報として、三宅町内の防災重点ため池の名称、位置、貯水量等を掲載した、ため池マップを作成しましたので公表します。

見直された「防災重点ため池」とは

(定義)

決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのあるため池です。

(選定基準)

  • ため池から100m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があるもの
  • ため池から100~500mの浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量1,000m3以上のもの
  • ため池から500m以上の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量5,000m3以上のもの
  • 地形条件、家屋等との位置関係、維持管理の状況等から都道府県及び市町村が必要と認めるもの

※防災重点ため池は、構造自体の危険性により選定されたものではなく、ため池と家屋等との距離により選定されています。防災重点ため池マップは、災害への備えとして、身近にあるため池の位置確認等にご利用ください。

防災重点ため池マップダウンロード

防災重点ため池マップ.pdf

お問い合わせ先:産業振興課