ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)予防接種について

●ヒトパピローマウイルス感染症とは

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、特殊なウイルスではなく、性経験のある女性であれば"一生に一度は感染する"といわれているウイルスです。感染しても、ほとんどの人は自然に消えますが、その一部が子宮頸がんを発症します。子宮頸がんをはじめ、肛門がん、膣がんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。

●予防接種について

HPVワクチンは、平成25年4月1日より定期接種となりましたが、同年6月14日、厚生労働省の専門家検討会が、このワクチン接種後に身体に痛みなどの報告があったことを受け、ワクチンとの因果関係が否定できないとの意向で、それ以後積極的な接種勧奨を差し控えています。

定期接種としての取り扱いは継続していますので、希望される方は接種できますが、この予防接種について理解と同意を得た上での接種となります。

接種を考えている方は、かかりつけ医にご相談の上、ご検討ください。

●予防接種の標準的なスケジュール

対象:中学生、高校1年生に相当する女子

回数:6か月の間に3回

現在、日本で使用されているワクチンは2種類あります。どちらか一方を選択して接種します。

お問い合わせ先:健康子ども課