今年の冬のインフルエンザ総合対策について

冬のインフルエンザの流行に備え、国は「今冬のインフルエンザ総合対策」を取りまとめました。

季節性インフルエンザウイルスには、A(H1N1)亜型(平成21年に流行した新型インフルエンザと同じ型)、A(H3N2)亜型(香港型と同じ亜型)、2系統のB型の4つの種類があり、いずれも流行の可能性があります。流行しやすい年齢層は、ウイルスの型によって多少異なりますが、今年も、すべての年齢の型がインフルエンザに注意する必要があります。インフルエンザの予防について、確認をしてみましょう。

1.感染防止について

(1)咳エチケット

・咳やくしゃみが出るときは、他の人にうつさないために、マスクを着用しましょう。

・鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布製マスクの使用が推奨されます。

※咳エチケットを心がけることは、周囲にウイルスをまき散らさない効果があるだけでなく、周りの人を不快にさせないためのマナーにもなります。

(2)予防接種

インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を呼ぼうする効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます。

予防接種の接種回数:

■6か月~3歳未満(任意)・・・0.25mlを2回接種

■3歳~13歳未満(任意)・・・0.5mlを2回接種

■13歳以上(任意)・・・0.5mlを原則1回

(65歳以上、60歳~64歳で心臓や腎臓もしくは呼吸器の機能に障害があり身の回りの生活が極度に制限される方や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり日常生活が困難な状況にある方は定期予防接種の対象です。)

2.インフルエンザQ&A

厚生労働省と国立感染症研究所感染症疫学センター、日本医師会感染症危機管理対策室は、毎年インフルエンザの流行シーズンに寄せられる質問項目の中で頻度の高いものをQ&Aにまとめ公表しています。

疑問に思うことがあれば、一度確認をしてみましょう。

3.相談窓口

厚生労働省は、インフルエンザをはじめとした感染症の一般的予防方法、流行状況や予防接種の意義、有効性、副反応等に関する疑問にお答えするための窓口「感染症・予防接種相談窓口」を開設しています。

感染症・予防接種相談窓口

電話番号:03-5276-9337(午前9時~午後5時 ※土日祝日、年末年始を除く)

お問い合わせ先:健康子ども課