熱中症にご注意ください

熱中症とは

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなってしまい、体内に熱がこもった状態を指します。室外だけでなく室内で何もしていないときでも発症します。

特に、気温が上がり始める梅雨明けの時期や、当日に比べて急に気温が高くなる日は体が高温になれていないために注意が必要です。

熱中症の症状

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

~重症になると~

返事がおかしい、意識消失、けいれん、体が熱い

熱中症予防のために

1)こまめに水分補給を

室内でも外出時でも、のどの渇きを感じなくてもこまめに水分塩分、経口補水液(水に食塩と糖分を溶かしたもの)などを補給しましょう。

2)暑さを避けましょう

○室内では...

扇風機やエアコンで温度を調節しましょう

遮光カーテン、すだれ、打ち水等を利用しましょう

○外出時には...

日傘や帽子を着用しましょう

日陰の利用、こまめな休憩をとりましょう

高温注意報が出ている日は外出をできるだけ控えましょう

○体の蓄熱をさけるために

通気性のよい、吸湿速乾性のある衣類を着用しましょう

保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やしましょう

熱中症を疑ったら

1)涼しい場所へ移動

風通しのよい日陰や涼しい室内へ移動させます。

2)衣類をぬがせ体を冷やす

衣類を脱がせたりして、体から熱の放出を助けます。皮膚に水をかけてうちわや扇風機などで風を送り体を冷やします。また、首や脇、足の付け根に氷嚢やアイスパックなどをあてることも有効です。

3)水分・塩分の補給

意識がはっきりしていれば、冷たい水や、スポーツ飲料、経口補水液などを補給しましょう。

4)救急車を呼ぶ・医療機関へ運ぶ

関連資料

お問い合わせ先:長寿介護課