マイナンバーカードの暗証番号の再設定について

マイナンバーカードの暗証番号

マイナンバーカードは複数の暗証番号で管理しています。

第三者のなりすましによる不正アクセスを防ぐため、暗証番号の入力を連続して3回(署名用電子証明書は5回)間違えるとロックがかかる仕組みになっています。

種別

文字種別・桁数

概要

用途

ロック

暗証番号

変更

ロック
解除・
再設定

(1)署名用電子証明書
暗証番号

6桁以上16桁以下
(英大文字と数字の両方を含む)

「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者が送信したものであること」を証明する電子証明書(=署名用電子証明書)を利用するための暗証番号です。

e-Tax等の税の電子申請のように、インターネットを利用して電子文書を作成・送信する際に利用します。
※15歳未満の方には原則発行不可です。

5回連続で誤入力

窓口

自宅

窓口
コンビニ

(2)利用者証明用電子証明書
暗証番号

数字4桁

「ログインしたものが、利用者本人であること」を証明する電子証明書(=利用者証明用電子証明書)を利用するための暗証番号です。

マイナポータル、e-Taxを利用する際や、コンビニ等に設置されたキオスク端末で証明書交付サービスを利用する際に使用します。

3回連続で誤入力

窓口

(3)住民基本台帳用暗証番号
(個人番号カード用)

住民票コードをテキストデータとして利用するための暗証番号です。

転入手続きの際や、住所・氏名等が変更となった場合のカードの更新手続きをする際に使用します。

(4)券面事項入力補助用
暗証番号

転入手続きの際や、住所・氏名等が変更となった場合のカードの更新手続きをする際に使用します。

マイナポータル、e-Tax等で使用します。

※1、2については、電子証明書の搭載を希望した方のみ暗証番号を設定しています。

※2、3、4は共通の暗証番号を設定することができます。

マイナンバーカードの暗証番号の再設定について

マイナンバーカードの暗証番号を誤って入力しロックがかかってしまった場合や暗証番号を失念した場合は窓口で暗証番号再設定の手続きが必要になります。

必要なもの(有効期限があるものについては有効期限内のもの)

申請者本人が申請を行う場合

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカード以外の本人確認書類

法定代理人が(15歳未満の親権者・成年後見人)が手続きを行う場合

  • 申請者本人のマイナンバーカード
  • マイナンバーカード以外の申請者本人の本人確認書類
  • 法定代理人であることが確認できる書類(戸籍謄本、登記事項証明書など)
    ※ただし、同一世帯もしくは市内に本籍があり、親子関係が確認できる場合、戸籍謄本は不要です。
  • 法定代理人の本人確認書類2点
    ※現住所・現氏名が記載されたもの
    ※うち1点は官公署発行の顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど)が必要です。

任意代理人が手続きを行う場合

任意代理人による申請の場合、手続きが即日で完了しませんのでご注意ください。まず、代理人からの申請を受付後、市役所から申請者あてに照会書兼回答書を郵送します。再度、代理人がその照会書兼回答書(申請者本人が必要事項を記載したもの)と必要書類をお持ちいただければ手続きが完了します。
※申請者本人が15歳以上の場合、親権者であっても任意代理人となります。
なお、官公署発行の顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど)をお持ちでない方は、代理人になることはできません。

申請時(来庁1回目)
  • 申請者本人のマイナンバーカード
  • 代理人の本人確認書類
  • 委任状
照会書兼回答書持参時(来庁2回目)
  • 必要事項を記入した照会書兼回答書(申請後に町からお送りします)
  • 申請者本人のマイナンバーカード
  • マイナンバーカード以外の申請者の本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 代理人の本人確認書類2点

※現住所・現氏名が記載されたもの
※うち1点は官公署発行の顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど)であることが必要です。

署名用電子証明書の暗証番号の再設定がコンビニエンスストアでもできるようになりました

令和4年2月から署名用電子証明書の暗証番号の再設定がコンビニエンスストアでできるようになりました。なお、数字4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書、住民基本台帳用、券面事項入力補助用)についてはコンビニエンスストアでの再設定はできません。従来どおり窓口でのお手続きをお願いいたします。

手続き方法
  1. 対応のスマートフォンに専用アプリをダウンロードします。
  2. アプリ内でマイナンバーカードの情報を読み取り、利用者証明用電子証明書暗証番号の入力と顔認証を行い、事前予約をします。
  3. 予約後24時間以内に、コンビニエンスストアにマイナンバーカードを持参し、マルチコピー機で利用者証明用電子証明書の暗証番号の入力後、署名用電子証明書の暗証番号を再設定します。

対象のコンビニエンスストアや専用アプリについてなどの詳細は以下をご確認ください。
公的個人認証サービスポータルサイト【署名用パスワードをコンビニで初期化】(外部サイト)

問い合わせ先

ご不明な点がございましたら国のコールセンターへお問合せください。

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話:0120-95-0178(無料)

平日午前9時30分~午後8時、土曜・日曜・祝日午前9時30分~午後5時30分(12月29日~1月3日を除く)

お問い合わせ先:住民福祉課