医療費の自己負担割合

医療費の自己負担割合について

年齢などにより医療費の自己負担額は異なります。

3歳未満の乳幼児

一般的な病気、ケガの診察等にかかった医療費の2割が自己負担となり残りは町が負担します。医療機関の窓口では、「保険証」を提示して下さい。

3歳以上70歳未満の人

一般的な病気、ケガの診察等にかかった医療費の3割が自己負担となり残りは町が負担します。医療機関の窓口で「保険証」を提示して下さい。

70歳以上75歳未満の人

一般的な病気、ケガの診察等にかかった医療費の2割※(高所得者は3割)が自己負担となり、残りは町が負担します。医療機関の窓口で「保険証と高齢受給者証」を提示して下さい。

  • 昭和19年4月2日以降に生まれた人は2割。昭和19年4月1日以前に生まれた人は1割負担です。
  • 高所得者とは、同一世帯に一定以上の所得がある国保被保険者又は老人保健制度対象者がいる人です。この一定以上の所得とは、例えば、単独世帯の場合、年収383万円以上、夫婦二人世帯の場合、年収520万円以上です。

75歳以上の人

一般的な病気、ケガの診察等にかかった医療費の1割※(現役並み所得者は3割)が自己負担となります。医療機関の窓口で「保険証」を提示して下さい。

  • 現役並み所得者とは、後期高齢者医療制度で医療を受ける方に一定以上の所得がある人です。この一定以上の所得とは、例えば、後期高齢者医療費制度の被保険者が1人で年収383万円以上、2人以上で年収520万円以上の場合です。

お問い合わせ先:住民保険課