新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できるようになります

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(通称:ワクチンパスポート)が、コンビニで交付できるようになります。

これまでの、紙による証明と証明書アプリによる電子証明書に加え、令和4年7月26日(火)午前6時30分から接種証明書をコンビニのキオスク端末で取得できるようになります。

取得には、マイナンバーカードが必要です。

コンビニ交付のポイント

毎日6:30~23:00で取得できます。

お近くのコンビニ等のキオスク端末で取得できます。

マイナンバーカードがあれば、どなたでも取得できます。

事前に準備いただく必要があるもの

1.マイナンバーカード+暗証番号4桁

2.接種証明書発行料(120円)

暗証番号とは、マイナンバーカードを市町村の窓口で受け取った際に設定した、4桁の数字(券面事項入力補助用の数字)です。

事前に確認いただく必要があること

行こうとしているコンビニ等店舗が接種証明書のコンビニ交付サービスに対応していることをご確認ください。

海外用の接種証明書を取得するためには、令和4年7月21日以降に自治体窓口かアプリで海外用の接種証明書を取得している必要があります。

印刷不良の場合を除き発行後の返金には対応できません。

コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容を確認していただくことになりますので、適宜、接種時に交付された接種済証など接種事実が確認できる書類をお持ちいただくと、内容確認をスムーズに行うことができます。

対応状況は、厚生労働省Webサイト「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)について」でご案内しています。

お問い合わせ先:健康子ども課