みやぼうプロジェクトの進捗報告 N0.1

平成30年11月からはじまった「みやぼうプロジェクト」ですが、様々な立場の方に参加いただき、三宅町の現状や課題について話し合っています。

第1回目「地域福祉って?」 : 平成30年11月17日開催

アドバイザーの龍谷大学の講師川中先生より、地域福祉について講義を受け、「地域福祉」に対して、どのようなイメージを持っているのか意見を出してもらいました。プロジェクトに対する期待と不安について意見を出してもらいました。

CIMG1414.JPG

第2回目「私が感じる今の三宅町の姿」について聞いてみよう。 :平成30年12月8日開催

子育て中のお母さんや、スクールソーシャルワーカー、高齢者や障害者の支援に携わっている方から「私が感じる今の三宅町の姿」について、感じていること、考えていることを語ってもらいました。その後、「10年後のありたい町の光景」を書き出してもらいました。

CIMG1450.JPGCIMG1453.JPG

第3回目「10年後のありたいまちの光景」 : 平成31年1月17日開催

セッション1「未来と現在の間を見つける」
「10年後のありたいまちの光景」について書き出した内容を共有し、大切だと思うことを3つ書き出してもらいました。その後、関心の高い内容ごとにグループをつくり、自分の考えを発表しました。

セッション2「地域課題について調べよう」
「問題解決のための調査」について川中先生の話を聞いたあと、自分たちが考える「こうなってほしい」や「こうなってしまう
かも」という内容は、本当なのか?原因は何か?実態は?という問いかけに対して、ワークシートを使って考えました。その後、
原因や実態について、各自で手分けして調べてくることになりました。

CIMG1568.JPG

第4回目「地域課題を考える」 : 平成31年3月6日開催

小講義「問題の構造を捉える(1)」 川中先生の講座

セッション1「改めて、まちの今を捉えてみる」
アンケートの結果報告&質疑

セッション2「問題の構造を描いてみる」
各自が調べてきたことの発表し、原因分析のマップづくりを行いました。

小講義「問題の構造を捉える(2)」
悪循環を生み出している「考え方」とは?

CIMG1684.JPGCIMG1686.JPG